食物繊維の効果的や特徴は?便秘の原因とその影響

食物繊維の効果的や特徴は?便秘の原因とその影響

食物繊維の効果と特徴

 

食物繊維は、人間の消化液では消化されない難消化性の成分ですが、糖質の吸収を遅らせたり、コレステロールの排出を促進してくれる効果があります。
その他にも、食物繊維には吸水性があり、腸の中での分量を増やし満腹感を与える効果があるのでダイエット中の方の助けにもなってくれる栄養素です。

 

さらに、便通を良くし発がん性物質のチカラをやわらげてくれる働きもある事から、生活習慣病などの病気の予防効果でも注目されています。

 

 

食物繊維は大きく2種類ある

 

水溶性食物繊維・・・・

水に溶け食品の水分を抱き込みゲル化する性質をもっています。効果としては血中のコレステロール値を低下させ、糖質の吸収を抑える働きがります。
水溶性食物繊維を多く含む食べ物には、熟した果実、植物の種子、葉(春菊)、根(エシャロット)といったものがあります。

 

不溶性食物繊維・・・・

水に溶けず、水分を吸収して膨らむ性質を持っています。未消化の食べ物が体内を通過する時間を短縮してくれる作用があり、便秘の予防と改善のどちらにも働きかけます。
不溶性食物繊維を多く含む食べ物には、野菜、穀類、豆類、根(ごぼう)、菌類(キノコ)といったものがあります。

 

 

便秘の原因

 

便秘とは、腸に大便がたまって排泄できない症状の事で、胃腸の働きが活発であれば、カラダの老廃物をスムーズに体外へ出す事ができるのですが
胃腸は、筋肉の運動(蠕動運動)で動くので、筋肉の働きが衰えると、消化不良となり、便秘の症状を引き起こしてしまいます。

 

子供のときは、便秘とは縁がない人がほとんどですが、便秘は内臓下垂の人や、老人、運動不足の人に多く見られます。
また、排便を我慢したり、水分や食物繊維の摂る量が少ない事も原因の1つとなります。

 

なお、食事の内容が欧米化したことも、便秘の人が増えている原因です。

 

便秘による影響

 

便秘は、腸内の腐敗細菌に有害物質や有害菌を発生させます。その結果、肌荒れや吹き出物といった症状が現れ、
酷くなってくると、さらに肩こり、腰痛、めまい、頭痛のほか、痔の原因になったり、悪化する事があります。

 

また精神的にも、イライラが抜けなくなったり、気力が低下したり、鬱な気持ちにもなってしまいます。

 

その他にも、免疫力の低下などを誘発するだけでなく、発がん性物質を発生させ、大腸がんを引き起こすリスクをあげる恐れがあります。

 

 

食物繊維には、有害物質や有害菌をの発生を抑制したり、減少させる作用があるので、普段の食生活にも気をつけ、摂取が難しい場合には
食物繊維のサプリメント等も活用し、上手に取り入れる事で排便しやすい、腸内環境を保っていきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ